アイフォンアプリのプログラム開発を始めました。

SNSやってます。

20170102spf_title

プログラムの勉強ということではなく、重い腰を上げ、とうとうプログラム開発を始める事にしました。本日は2017年1月2日です。

こんにちは、SPF36のダイ(@daijirok-jp)です。

今の私はプログラムの勉強がしたいわけではなく、作りたいものがあるという状態なので、まずは何が作りたいのかをはっきりさせる事にしてみるために、アプリのイメージを描いてみました。

アプリのイメージを書いてみた

20170102spf_idea

↑ iPadPro9.7で描きました。

開くと表紙が出てきてすぐに、目次のメニューを表示。項目を選ぶとそれに関するページに移動して本のようによこスワイプで次のページに行くというものです。

そして各ページからはいつでもメニューに戻れます。

ほとんど本のような体裁のアプリです。

多分大して難しくないものなんだと思います。

ちょっとプログラムをしようとしてみた

Xcodeのストーリーボードという機能を使えば簡単にできるかなと思っていたのですが、思っていたよりも難しく、本を見ながらやって見ましたが、すぐに断念しました。

20170102spf_try

↑ ちょっとやって見た時のスクリーンキャプチャ

という事で、先日購入したアマゾンKindle本の「詳細!Swift 3 iPhone アプリ開発入門ノート Swift3+Xcode8対応」を始めから読み進める事にしました。

Kindle本等、電子ブックは海外在住者にとっては本当にありがたいです。海外にあるデメリットがかなり解消されました。

読書開始

とにかく始めから読み進め、P26から画面にボタンを配置して押すと緑になるという物を指示通りに作り、それの応用として、ボタンを追加してそれを押すと画面が白に戻るというプログラムを作りました。

その後P34のPlaygraoundという即時にプログラムの実行結果が見えるという機能の解説のためのサンプルプログラムを書きながら定数、変数、関数の定義方法を実践。

その後コメントアウトの方法等の解説を読みながらP49まで進みました。

今の所、XcodeやiOSシュミレーターを使ってみよう!みたいな内容です。

進め方

本の中のサンプルプログラムは基本的に自分で入力して実際にMacBook上で動かしています。

その他、気になったところは、手書きアプリにメモしながらどんどん進めています。

感想

これから頑張って行きます。今月中にはこの、しょぼいながらも私にとって意義のあるアプリを完成させたいと思います。