キンドル本「はじめてのJavaScriptプログラミング」で勉強2

SNSやってます。

もう2月も終わりです。今月もなんとか勉強を続ける事ができましたが、成果物と呼べるものがないのが悲しいところです。

とはいえ勉強を続けてきて且つこのブログも続けてこれているので良しとしましょう。

こんにちは、SPF36のダイ(@daijirok-jp)です。

今日も昨日に引き続きキンドル本「はじめてのJavaScriptプログラミング」で勉強しました。

本日の学習結果

キンドル本「はじめてのJavaScriptプログラミング」のJavaScript 応用講座内のサンプルプログラム

  • 3-2. おみくじプログラム
  • 3-3. じゃんけんプログラム

を作りました。

感想

3-2. おみくじプログラムは、乱数発生とスイッチ文の練習みたいな内容のプログラムで、ドットインストールですでに勉強した内容だったので非常に簡単でした。

特に乱数発生のコードでは書きながらどういう意図のコードかが分かったので勉強してきた成果があったと実感できました。

let r = Math.floor(Math.random()*7);

↑ 0〜6までの7種の整数をランダムに発生させて変数「r」に入れるというコード。

3-3. じゃんけんプログラムは、PCとのじゃんけんゲーム。PC側は「グー・チョキ・パー」の3種類がランダムで出るよう乱数を発生させ、それに対してこちらはボタンで「グー・チョキ・パー」のを選ぶ。

比較はif文で組み合わせを作成。

両方とも特に新しい要素も出てこず大して難しくなかったです。ドットインストールで学んだことの復習になったとというだけです。

残り3つのサンプルプログラムがありますが、せっかくなので全部やってしまおうと思います。