ドットインストールでプログラミング勉強61日目(Cloud9入門開始)

SNSやってます。

事情がありラオスに来ています。

せっかくの旅行ですが観光地も少なく交通費がバンコクより高くつくので、カフェで勉強する事にしました。

こんにちは、SPF36のダイ(@daijirok_jp)です。

今日はドットインストールで「ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回)」の勉強を進める事にしました。

本日の学習結果

「ローカル開発環境の構築 [macOS編] (全14回)」の下記のレッスン

  • #01 ローカル開発環境を整えよう

と、Cloud9入門 (全8回)の

  • #01 Cloud9を使ってみよう
  • #02 Workspaceを作ってみよう
  • #03 画面の見方を覚えよう

を進めました。

現在のドットインストールでの学習状況

総完了レッスン数:336

視聴時間:14:06:58

学習日数:80日

マイページ:http://dotinstall.com/users/daijirok_jp

#01 ローカル開発環境を整えよう

サーバを自分のPC内(ローカル)に作成する事によってサーバ情で動くプログラム(PHPやSQL)の作成やテストがローカルでできるようになるよという話でした。

ただしローカルにサーバーを作成するにはVagrantやVartualBoxなるプログラムをインストール必要があり、なかなか面倒だという事が分かりました。

もしかしたらSQLとPHPを勉強しても、そのまま使う機会がなくなるかもしれませんし、それだけならMAMPの方が有名だと思うんだけどと思った次第です。

ただドットインストール動画の中で、Cloud9というサイトであればウェブ上に開発環境があるためソフトウェアのインストールする必要なくPHP等で開発ができるという説明がありました。

幸いドットインストールに「Cloud9入門」というレッスンもあったのでローカル開発環境を整えるために色々なソフトウェアをインストールするのは保留する事にしました。

#01 Cloud9を使ってみよう

まずは公式サイト「Cloud9.io」にアクセスしてアカウントを作成します。動画の中江はクレジットカード番号の入力は必要としていませんでしたが、現在は入力しなければアカウントを作成できなかったのが残念です。

という事でせめて利用可能枠がもっとも少ないカードで、利用時にSMSが携帯に届くカードを登録して、アカウントを作成しました。

#02 Workspaceを作ってみよう

実際にワークスペースを作成して見ました。

無料のアカウントであればコードが他の人からは見れないプライベートなワークスペースを1つ作成でき、誰からでも見れるパブリック’なワークスペースを幾つでも作成できるという事です。

#03 画面の見方を覚えよう

ウェブ上でありながらファイルのドラッグドロップ画面の分割(ペイン)などというアプリケーションを入れているのと変わらない動作ができると分かりました。

ただしウェブブラウザで動くためインターネットが必須となるのがやはりネックでローカルにあればすぐに反映されるであろう変更も読み込みがあったりという不便さが実感できました。

感想

もともとローカルに開発環境を構築してPHPやSQLの勉強をしようと思っていたんですが、勉強だけであればお手軽なCloud9でまずは試してみようという事にしました。

まずはCould9で勉強を進めて、どうしても不便な場合はローカル開発環境を導入しようかと思います。

明日の勉強予定

引き続きCloud9入門のレッスンを進めようと思います。